自分でもできる?アンテナ工事

BS・CSアンテナは自分で設置するのが主流

賃貸の集合住宅物件に住んだ場合、地上波アンテナに関しては昔からどの物件に関しても屋上に付いていました。そのため、新たに住み始めた人はアンテナ端子にコードを差し込めばすぐにテレビを見ることができました。しかし、BS・CSアンテナは今でもついていない集合住宅が多く、基本的には自分でベランダ等に設置する必要があります。そして、どうしても設置できない場合は業者を呼ぶという手もありますが、基本的にはまずポールを固定し、固定できたらアンテナ本体をポールに取り付け、部屋の中のTV画面を見ながら微調整する形で一人でも十分設置可能です。なお、アンテナを向ける角度については郵便番号や住所を入力すれば、向ける方向を教えてくれるような無料スマホアプリが存在します。

室内アンテナという存在

地デジアンテナとは電波が弱めなことなどにより、戸建て住宅や別荘などにアンテナを建てる場合は基本的には業者に依頼して家の屋根に大きなアンテナを付けてもらうのが一番無難です。しかし、周囲に電波を遮るようなものがない電波環境の良い場所においては、業者を呼ばずに設置をするようなことも可能です。具体的には、立てて少し方向を併せるだけで簡単設置ができるパネル型アンテナが良い例で、映りに対する評判情報をチェックしながら良いものをネット通販などで買えば、本当にパネル式アンテナでもテレビを視聴することが出来ます。その他、BS・110度CSアンテナには室内アンテナというものは基本的にありませんが、室内に設置したい場合の台座付きポールは市販されています。この商品を買って室内の出窓などにアンテナを固定すると、電波環境の良い地域であれば、窓を閉めた状態でもBS放送・CS放送を視聴することが可能です。